ヘマニキュア

白髪は加齢が主な要因だと思う。我が黒髪にもボツボツと白髪が見えてきたもの。
思わず抜きたくなりますが、抜いてはいけないと知ったので想いとどまっています。
白髪染めを使うことは年を取った証拠とイメージしているから、何だかまだ染めることに抵抗がある。でも現実問題、だんだん増えてきているから近い未来に染めないといけません。まだ母のように時間をけっこう取って染めることはないです。部分的にちょこっとするだけだな。プリンターに例えると黒のインク切れのようなもので、いくら用紙をセットしても白紙の紙が出るのと一緒だ。水の湧かない枯れた泉のようなものだな。はぁ~。時に真っ白な髪のご老人もいるが、あれはなかなかカッコイイ。

ヘマニキュアは髪の表面に付着するため、痛みを防ぐ役割を果たします。ブリーチを伴わないので、あまり明るい色にはできません。色のもちは、2~3週間が限界です。
カラーリンスは洗えば落ちるので、気軽にカラーリングを楽しめます。トリートメント効果のあるものを選べば、なお髪によいでしょう。
カラーリングのポイント。染まりにくい部分の襟足、額の中央、こめかみ、もみあげなどはヘアカラーが行き届かない部分。一番最初にカラー剤を塗っておくか、量を多めにつけるなど、注意しましょう。
額のそりこみ部分、頭頂など、毛が細い部分は、染色されやすいので気を付けましょう。最後にカラー剤を塗るか、量を減らすようにしてください。